本文へジャンプ

ホーム > 星野エリアについて

星野エリアについて

『自然と文化を愛する人々が集う場所』

大正時代、文豪や芸術家が集い、コミュニティが形成されていた星野エリア。 古くから、多くの人々に愛され続けているこの場所は、今日、自然や文化を愛する人々が集う"小さな街"となりました。100本を超えるハルニレの樹々を渡る爽やかな風、川のせせらぎと柔らかな木洩れ陽。その空間は「星野温泉トンボの湯」からつながる軽井沢のモダンな温泉街です。

歴史

1915年(大正4年)星野温泉が開湯。草津温泉に逗留した人が仕上げ湯として利用していました。大正10年(1921年)頃になると、北原白秋や島崎藤村など、当時の文壇を代表する文人たちが、この地に逗留し、数々の名作を執筆。さらに「芸術自由教育講習会」を開催し、文化的エポックを切り拓いたのです。
昭和中期、中西悟堂(日本野鳥の会創立者)が滞在し「今までは野鳥を食べていたが、これからは見て楽しむ時代になる」と語り、さらに、星野に隣接する国有林が、世界的な野鳥の宝庫であると指摘。その後この森は「国設 軽井沢野鳥の森」に指定され、探鳥会と呼ばれたガイド付きツアーは、ピッキオのエコツーリズムへと繋がっています。

歴史

星野エリアは豊かな自然が広がるエリア。その自然を大切にしながら、共生していくように施設を運営しています。自然を活かした建物や自然エネルギーの利用を行っております。

【星野温泉トンボの湯 温泉排熱の利用】
星野温泉トンボの湯では温泉の排熱を床暖房に再利用しています。冬に温泉で温まり、そして床暖房も自然エネルギーで足元から温めてくれます。
【遊歩道】
野鳥の森から星野温泉トンボの湯、ハルニレテラスまで繋ぐ川辺の遊歩道があります。
ウッドチップが敷かれた小路は歩きやすく、木々の木洩れ日の下、川のせせらぎと鳥のさえずりを聞きながら、散策を。
【ハルニレテラス】
もともと川辺に自生していら春楡(ハルニレ)の木々が主役のランドスケープは、樹の根を傷めないようにデッキ下は約4~6mの高さ。ハルニレを避けてランダムに建物が並ぶ。川辺に沿って創られた街並みは、森の中に浮かんだ小さな街のよう。
  • エリアマップ
  • イベント&ニュース
  • マルシェ
  • 朝時間
  • 夜時間
  • 星野エリアの楽しみ方

PAGE TOP