軽井沢星野エリアへのアクセス

ホーム > ハルニレテラス > 絹の手袋と靴下で保湿ケア

トピックス

絹の手袋と靴下で保湿ケア

  • 2016.10.06

乾燥の気になる季節になってきました。手やかかとのケアはどうされていますか?普段の保湿ケアにプラスしてベッドフィッターがお薦めしたいのは『絹の手袋と靴下』です。

敬老の日2

絹の繊維の芯にあたるフィプロインは、人間の皮膚に親和性が高く、生体適応性に優れていると言われています。最近の研究では、細胞の再生を促すことがわかってきました。そんな絹で作った『おやすみ絹てぶくろ』と『おやすみ絹くつした』は寒さや乾燥で荒れた肌のケアはもちろん、ひと晩着用して眠ったあとのしっとり感を実感して頂けます。使われている絹は、群馬県桐生で生産された純国産です。

日本で生産された絹は手触りが良くふかふか吸放湿性が高いのに、冬は暖かく夏は涼しい日本人の肌や気候にとても合っています。また、繭から糸を引く速度が海外製品に比べて遅いため、構造が破壊されにくく絹の持ち味が存分に発揮されています。

肌ケアと防寒、ふたつの機能を持った絹の手袋と靴下、この冬に是非お試し下さい。
手袋 3500円(税抜)
靴下 5000円(税抜)