ホーム > りんごの堆肥「りんご土」が完成しました

トピックス

りんごの堆肥「りんご土」が完成しました

  • 2021.04.16

「星野温泉 トンボの湯」では秋に「りんご湯」を開催しています。その際に使用したりんごで「りんご土」を作りました。  このりんご土を4月26日より、ご希望の方に無料でお分けします。→予定数に達したため配布を終了しました。

「りんご土」ができるまで
毎年行う「りんご湯」では、傷があって市販できないりんごを使用しています。この秋、その一部に「野元果樹園(長野県小諸市)」のりんごを使用。昨年10月にトンボの湯のスタッフが収穫のお手伝いをしました。

「りんご湯」終了後、星野エリアの敷地内でりんごの堆肥化に取り組みました。小さく切ったりんごに落ち葉や培養土を加え、定期的に水分を足したり空気を混ぜたり。トンボの湯のスタッフが手塩にかけて、「りんご土」がようやく完成しました。完成したりんご土の一部は、この春、りんご畑に還しました。

012(S)

■りんご土を無料配布
たくさんできたりんご土をご希望の方にお分けします。1袋300g入り。配布は4月26日からで、なくなり次第終了します。家庭園芸用にご利用ください。

持続可能な社会を目指して
近年、SDGs(持続可能な開発目標)について見聞きすることが多くなりました。SDGsの17の目標のうちの一つ「つくる責任 つかう責任」は、持続可能な消費と生産のパターンを確保することをめざしています。 りんご土を作る取り組みはこの目標につながるものと考え、これまで星野エリアで取り組んできたゼロエミッションの活動同様に続けていく予定です。

 

「りんご土の無料配布」
■期間
2021年4月26日10:00~
*なくなり次第終了→配布終了しました。
■配布場所
星野温泉 トンボの湯 受付
■数量
おひとり3袋まで
■料金
無料